スタツアブログ⑦

2019年06月05日

こんにちは〜〜広報2年のゆりなです!

 

今回は私がスタツアブログを担当します😆

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

こんにちは、2年のゆりなです☺︎

私は初めてスタディツアーに参加しました。

それに初めてのフィリピンだったので緊張や不安がありましたが、1番不安だったのはジャイラの子供達と馴染めるかどうかでした。

しかしその不安はすぐに消えました。なぜならジャイラホームに着いた時、すぐ子供達から話しかけてきてくれたからです。初対面にもかかわらず「名前は何?」とか「好きな色は何?」とか様々な質問をしてくれて、中には日本語で質問してきてくれた子もいました。最初の不安や心配は全く必要ありませんでした。

 

                                                                        あっという間に子供達と仲良くなれ、アテ!アテ!(アテ=お姉さん)と呼ばれ一日中ずーっと遊びました。しかも肩車やおんぶを結構要求されたので肩が痛くなるまで笑  最初はとてもキツかったけれど、肩の痛みはそれだけ子供達とたくさん遊べたんだと思うと幸せの証なのだと思いました。

                                                                       私はこのスタツアに参加して本当に良かったと思っています。支援先であるジャイラホームは実際に足を運んでみないとどんな感じなのか分からないし、フィリピンでの暮らしも実際に過ごしてみないとどんなものなのかも分かりませんでした。学べたこともたくさんありました。  実際に生活を体験をしてみて、フィリピンでは水、電気が貴重なので節水節電、しかも水しか出ないので正直最初はキツかったです。しかしフィリピンは気温がとても高く、暑かったので冷水は気持ち良く、慣れました笑  元々私は日本でも節水節電を心がけていましたが、更に心がけようと思いました。

                                                                      そして何よりも私がスタツアで気づき感じたこと、それは家族の大切さです。私は家族がいて当たり前と思っていましたが子供達にとっては当たり前ではないのです。フィリピンでは家族を大事にする国なので、家族と離れ離れでいる子供達は寂しがっているだろうと思っていました。しかし実際に会ってみると笑顔で私たちの元に駆け寄ってくれるのです。毎日笑って楽しく遊んでも寂しい気持ちは無くなってはいないはず。私たちの目標は子供達を本来いるべきである場所に戻すこと、すなわち家族の元へ帰すことです。

                                                                       その目標に向かってこれからも支援を頑張っていきたいと思いました。  そして私自身も家族の存在を大切にし、スタツアでの経験を活かしいろんなことにチャレンジしていきたいと思いました🔥