スタツアブログ⑧

2019年06月08日

こんにちは〜広報2年ゆりなです☺️

 

いよいよ梅雨が始まりましたね☔️

湿気、雨で気分が下がる季節になります…🌀

楽しいことだけ考えて気分が上がるように頑張ります💪

 

さて、話題が変わりますがスタツアブログ第8弾!    今回は3年生のゆかさんです🥰

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

私は、スタディツアーで自分が何のためにYELLの渉外部門として支援活動をしているのかを実感したいと思い、今回のスタディツアーに参加しました。 

 

                                                                      そもそも私がYELLに入ったきっかけは、国際協力でもボランティアがしたい訳でもなく、ただ友達に誘われたからという理由でした。たくさんの企業様から協賛をいただくこともただイベントをより盛り上げるため、参加者の皆様に楽しんでいただくためと思い活動してきた部分があり、次第に作業のようになっていました。

                                                                      そんな中参加したスタディツアー。正直、初海外で不安や緊張もありました。でも支援先の子どもたちは私たちを見るとすぐに「遊ぼう」と声をかけてくれて、髪を結んでくれたり、鬼ごっこや水風船をして遊びました。また、施設の方やNPO法人の方と話しをする機会があり、YELLや支援先について改めて知ることができました。

                                                                      何よりも私がYELLの渉外部門でよかったと実感したのは、企業様や日本の学校から寄付していただいた絵本やスケッチブック、洋服や文房具を支援先に届けた時です。一緒に本を読んでくれた子どもたち、手紙をくれた子もいました。嬉しそうにしている子どもたちを見て、子どもたちを笑顔にする様な素敵な活動にとてもやりがいを感じることが出来ました。

                                                              

                                                                      スタディツアーを通して、日本とは全く違う文化・生活を体験して、これからも可愛い子どもたちのために私たちが出来得る支援を続けられたらと強く思うようになりました。そして、こんなかけがえのない経験をさせてくれた関係者の皆様とYELLメンバーには感謝しかありません。この経験を糧に、8月のラスイベに向けて参加者の皆様もがより国際協力を身近に感じられる様なイベントを作り上げたいと思います!