スタツアブログ①

2019年05月21日

こんにちは☺︎

広報部門2年のゆりなです!

 

とても遅くなってしまいましたが、3/26〜3/31に行われたスタディツアーの報告ブログを始めようと思います!!

 

まずは2年ゆうたろうから!!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

今回のスタディツアーでは自分がYELLとして活動していく上でのやりがいや活動意義を見つけようと思い参加しました。

そう思ったのも自分は1年前にYELLに入団したのですが、日本で活動している間は直接支援先のジャイラホームのことについて写真を見たり先輩方の話を聞くことでしか現地のことを知り得なかったので毎回ミーティングに参加してジャイラの子供達の為に頑張ろうと思ってもほんとに支援になっているのかなと不安になることもありましたしYELLとしての活動意義を模索し続けてきた1年間だったと思います。

しかし今回初めてスタディツアーとしてジャイラホームを訪れて直接現地の現状を目で見て子供達と触れ合うことで自分はこの子たちをこれまで支援して来たしこれからも支援し続けるんだなぁと実感することが出来ました。

現地ではこれから改善していかなければならない課題もたくさんあり、自分達の代で支援を疎かにしては絶対ダメだし生半可な気持ちで続けることは出来ないなと思いました。

もう一つとても印象に残ったことはジャイラの子達にスケッチブックと色鉛筆をプレゼントできたことです。自分はYELLで渉外部門として協賛をいただく仕事をしていましたが今回直接ジャイラの子達に株式会社マルマン様のご協賛の元絵を描く楽しさを伝えることができました。

驚いたことに子供達の半数は絵を描くという事よりも先に

I love japanese】と真っ先に書いた子供達を見て、大変胸を打たれましたし、現地で実際に活動をした私達だけでなく、マルマン株式会社の皆様の想いも一緒に届けることが出来たと実感致しました。笑顔いっぱいでスケッチブックを囲んでいる子供達の姿は、忘れられない貴重な経験となりました。

今回のスタディツアーに参加して自分が今まで活動してきたことは無駄ではなかったし現地の現状を知ることで今後の課題も見つかったのでこれからも全力で学生団体YELLの一員として頑張っていきたいと強く思いました